ニューヨーク、ワシントンハイツの教会から絵を盗んだ男


8日、先週の日曜日の午後12時30分ごろ、マンハッタン、ワシントンハイツにある教会から絵が盗まれた事件で警察は容疑者を防犯カメラから割り出し、男を追っています。

ニューヨーク市警察によると教会の中の防犯カメラに映っている映像から、容疑者は杖をつきながら教会へ入って来た。

 杖をついて教会の中を歩く男性、入口玄関から絵が飾られている壁は数メートル。



教会の中へ入った男は、そのまま真っすぐに絵の飾られている場所へ歩いて行きます。 自分の着ていた上着を脱いで、そのジャケットに絵を包んで外へと出て行った。 

この犯行の様子が防犯カメラに映っています。 警察は、映像からの分析で男は65歳位の年齢だという事です。

盗まれた絵の価値は5千ドル

盗まれた絵は教会のドアを入口正面に飾られていた絵で多くの人の目に止まる場所に飾られていたそうです。 

abc New York

2016年5月16日(月)

ブルーデータ語学学校



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム


2015年12月30日 ... この事件はブルックリンのブッシュウィックで起き、容疑者の男はEdwin P. Caizaguano(24)、10歳の少女をMoffat Streetにある家の中で強姦しました。

2016年2月9日 ... 相手の受刑者の男性によるとバートレイ刑務官に強姦されたと話していて、お礼に マリファナを持って来るからと言われた。






ニューヨーク、ワシントンハイツの教会から絵を盗んだ男 ニューヨーク、ワシントンハイツの教会から絵を盗んだ男 Reviewed by Sakae Wade on 10:40 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.