【注意】 トレーダー・ジョーズも含む、冷凍食品にリステリア菌混合の可能性、回収へ

写真はトレーダージョーズで販売されていた冷凍食品

アメリカ国内で販売されている冷凍野菜と果物の一部にリステリア菌と呼ばれる細菌が混入していた可能性があるとの報告されました。

アメリカで加工パックされたこの問題の商品は50州で販売され、アメリカ国外でも販売されていたという。


リステリア菌と呼ばれる細菌が混入した可能性のある商品は400種類とされ、過去に例のみないリコール回収となる予定。 CRF Frozen Foods社の工場で加工された野菜や果物は40種類の冷凍食品のブランドで販売されていました。CRF Frozen Foodsは本社をワシントン州、Pasco。

この問題の冷凍食品が販売されていた米国内のスーパーマーケットは以下の通りです。   

Costco、Target、 Trader Joe's、 Safeway

現在までに8名が体調を崩したという報告受けているそうです。

リステリア菌による食中毒


リステリアの特徴 本菌は自然界に広く分布しています。また、人獣共通感染症菌 であり、主に食品を介して人に感染すると考えられています。

本 菌の発育温度域は0 ~45 ℃と広く、冷蔵庫中でも増殖し、他の 細菌に比べて耐塩性が強く、10%の食塩濃度でも増殖します。 加熱殺菌は、他の多くの食中毒菌と同様に有効です。

2)症 状 

感染初期は、急性胃腸炎症状よりも、インフルエンザ様症状を示 すことが多く、 38 ~39 ℃の発熱、頭痛、嘔吐などの症状が出ま すが、健康な成人では無症状のまま経過することが多いようで す。

平均して3週間と長い潜伏期を経て重症化すると髄膜炎およ び敗血症を引き起こし、意識障害や痙攣が起こる場合もありま す。

重症化した場合の致死率は約20%です。 胎児敗血症では、妊婦から子宮内の胎児に垂直感染し、これが 流産や早産の原因となりえます。妊婦は発熱、悪寒、背部痛を 主徴とし、胎児は出生後死亡する例も見られます。

https://www.fsc.go.jp/sonota/listeria.pdf


2016年5月20日(金)



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

マンハッタンランゲージ語学学校

K'z ゲストルーム

ニューヨークレストラン
ブルックリン、$150プラチナカバー・ドーナツ
Mr Taka-らーめん、幼なじみの2人がオープンしたお店
ジャクソンハイツ駅前 タコトラック 
チャイナタウン、有名店の美味しい小龍包 
ジャクソンハイツで食べる 韓国風のから揚げ

PR:
自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】 
ドクター推奨!最短で即感!女性が満足【グロスリンα】 
FX 初心者24時間サポート|東岳証券 
サクラ・やらせ一切なし宣言!出会いはハッピーメール(18禁) 


add7へのお問合せ&ご意見





【注意】 トレーダー・ジョーズも含む、冷凍食品にリステリア菌混合の可能性、回収へ 【注意】 トレーダー・ジョーズも含む、冷凍食品にリステリア菌混合の可能性、回収へ Reviewed by Sakae Wade on 8:50 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.