ロングアイランド、違法に飼っていたフサオマキ猿を保護

保護された猿

ロングアイランドで飼われていたフサオマキ猿が許可証なく飼われていたため、市の環境保全の職員が飼い主に起訴状を持って飼い主の家へと向かったそうです。

市の関係者の話によると飼われていたフサオマキ猿はニューヨーク州で飼う場合は特別許可証が必要。 フサオマキ猿はとても見た目が可愛いのですが、時には危険を伴う攻撃的な行動を起こす事もある。


また、適切な予防接種を受けてない場合は、病原菌や感染症などの問題がある。 フサオマキ猿は中南米が原産で、寿命は長くて50年だ。 と動物の知識がない人が可愛いだけで飼えるものではない。と強く語った。

飼い主から離され保護されたフサオマキ猿は、今後はニューヨーク市側で管理される予定だ。


2016年5月22日


ニューヨーク観光パス

ブルーデータ語学学校

ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

マンハッタンランゲージ語学学校

K'z ゲストルーム



ニューヨークレストラン
ブルックリン、$150プラチナカバー・ドーナツ

Mr Taka-らーめん、幼なじみの2人がオープンしたお店

ジャクソンハイツ駅前 タコトラック 

チャイナタウン、有名店の美味しい小龍包 

ジャクソンハイツで食べる 韓国風のから揚げ






ロングアイランド、違法に飼っていたフサオマキ猿を保護 ロングアイランド、違法に飼っていたフサオマキ猿を保護 Reviewed by Sakae Wade on 22:26 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.