オーストラリア、少年院で虐待、証拠の生々しい映像、テレビ局が放映


オーストラリアの北部、特別区にある少年院で職員らが少年たちを虐待していた証拠の映像が公開され、26日、政府はこれを受けて徹底的な調査をすると発表しました。

25日、オーストラリア放送協会(ABC)が放送した内容は、少年の入居者たちは10代で職員たちから虐待を受けた内容は生々しく、職員らは少年らに催涙ガスを使用したり、何週間も独房に閉じ込めるなどの虐待をし、また少年を裸にするなどして虐待していた。

少年ら被害者の大半は、先住民アボリジニだったという。この点も大問題であろう。 虐待は人種差別も含んでいるわけだ。 

虐待は2014年から2015年に行われていた。 

衝撃的な映像の1つに17歳の少年が頭巾をかぶせられたまま椅子に縛りつけられ2時間もの間、放置されていた。

この映像を見て、マルコム・ターンブル首相は、「衝撃を受けてがくぜんとしている」と述べた他、北部の州政府と連携して委員会を設置する。 虐待の事実を徹底究明に取り組む方針を明らかにしました。

AFPより


ニューヨーク空港送迎







オーストラリア、少年院で虐待、証拠の生々しい映像、テレビ局が放映 オーストラリア、少年院で虐待、証拠の生々しい映像、テレビ局が放映 Reviewed by New York icon on 14:18 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.