相模原、植松容疑者、 「ヒトラー思想降りた」 共同通信


相模原の障害者施設殺傷事件で、植松聖容疑者(26)が緊急措置入院中の2月20日、「ヒトラー思想が2週間前に降りてきた」と話していたことが28日、相模原市への取材で分かった。「ヒトラー思想」の具体的な内容は話さなかった。

ナチス・ドイツは障害者を「生きるに値しない生命」と呼び、組織的に殺害したことで知られる。

市によると、2月19日に市が面談した際、植松容疑者は「自分はフリーメーソンの信者だ」などと話し、市は緊急措置入院を決定した。この際、植松容疑者は「世界には8億人の障害者がいる。その人たちにお金を使っている。それは他に充てるべきだ」と話した。

共同通信











相模原、植松容疑者、 「ヒトラー思想降りた」 共同通信 相模原、植松容疑者、 「ヒトラー思想降りた」 共同通信 Reviewed by Idol on 21:57 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.