14歳少女を強姦した容疑者、被害者少女と結婚で無罪に マレーシア


(AFP)マレーシアで、14歳の少女をレイプしたとして訴追された男が、被害少女と結婚したことにより刑罰を免れた。同国の活動家らは4日、法改正を求めて怒りの声を上げた。

ニュースサイトのボルネオポストによると、同国ボルネオ島サラワク州の裁判所は先週、2人の婚姻が証明されたため「訴追手続きをこれ以上進める必要がなくなった」と判断を下した。

被害少女は現在15歳。20代のアフマド・シュクリ・ユスフ容疑者に昨年、2回にわたってレイプされたとされている。マレーシアではレイプの罪には最高30年の禁錮刑とむち打ちの刑が科される。

活動家らは、保守的なイスラム教徒が多いマレーシアではこういった事例が珍しくないと指摘する。被害者の家族が、裁判所で娘の名前が汚されるよりも、犯人と結婚させることを望むのだという。活動家らは、この制度の抜け穴によって、レイプは重罪にならないとの誤ったメッセージが発せられてしまうと批判している。

(c)AFP









14歳少女を強姦した容疑者、被害者少女と結婚で無罪に マレーシア 14歳少女を強姦した容疑者、被害者少女と結婚で無罪に マレーシア Reviewed by news15 on 23:23 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.