上半身裸で下半身埋まり…16歳少年の遺体発見 埼玉県東松山市


8月23日、埼玉県東松山市の河川敷で16歳の少年が上半身裸の状態で遺体がみつかった事件。

埼玉県警察は事件の可能性が高いとみて捜査を進めています。

警察によると、身元確認の結果、埼玉県吉見町の職業不詳・井上翼さんとわかった。

井上さんは上半身裸で砂利に下半身が埋まった状態で発見され、体に数か所の擦り傷があったという。 23日の発見後、交番に2人の少年が訪れ、「友人が『人を殺した』と話している」と相談していた事がわかっています。

捜査関係者によると、井上さんの知人が、井上さんはトラブルに巻き込まれたという趣旨の話をしているということで、警察は事件の可能性が高いとみて捜査している。



埼玉・河川敷少年遺体 全裸で泳ぐよう強制されているような動画 FNN



埼玉・東松山市の河川敷で、16歳の少年の遺体が見つかった事件で、少年が、全裸で川を泳ぐよう強制されているような動画が撮影されていたことがわかった。 少年は、発見された際、上半身裸で、いまだにシャツなどの所持品は見つかっていない。

警察は、関係したとみられる少年らから、事情を聴いている。

発見者は、「これは、よくできた人形だなと思ったんです。みぞおちから、斜めに出てただけ。今度は、目をぱちって開けたんだよ。そうしたら、きれいな目をしてるから、『あっ』て。それで、あとは触らなかった」と話した。

東松山市の都幾川の河川敷で23日、吉見町の16歳の井上 翼さん(16)が、砂利に下半身が埋まり、上半身裸の状態で死亡しているのが見つかった。 井上さんを知る人は、「いい子よ。まず大人には、ちゃんと、ニコニコ、ニコニコして、『おはようございます』、『こんにちは』は必ず言える子だし、悪い子じゃない」と語った。

警察のその後の調べで、井上さんが全裸で川で泳ぐよう、強制させられているような映像が撮影されていたことが、新たにわかった。

また、井上さんの知人の少年が、無料通信アプリ「LINE」の電話機能を使って、「人を殺した」という趣旨の話を伝えていたこともわかり、また別の少年2人も、「友人が人を殺したと言っている」などと、嵐山町の交番を訪れていた。

警察は、複数の少年から、井上さんが死亡して経緯について事情を聴くとともに、司法解剖を行い、死因の特定を進める方針。


2016/ 8/ 24





上半身裸で下半身埋まり…16歳少年の遺体発見 埼玉県東松山市 上半身裸で下半身埋まり…16歳少年の遺体発見 埼玉県東松山市 Reviewed by Sakae Wade on 12:56 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.