爆弾2発爆発 タイ人女性死亡、外国人ら20人けが (タイ・フアヒン)


11日夜、タイ中部の海浜保養地フアヒンで爆弾2発が爆発し、タイ人女性1人が死亡、外国人を含む約20人がけがをした。

 午後10時ごろ、屋台が立ち並ぶ路上で最初の爆弾が爆発。その約20分後、1発目から50メートルほど離れた場所で2発目が爆発した。

 フアヒンはバンコクの南約200キロのマレー半島東岸の町で、タイ国王の離宮「クライカンウォン宮殿」があることで知られる。

 タイでは同日午後3時ごろ、南部トラン市中心部の市場前で爆発が起き、少なくとも5人が負傷した。

タイは12日がシリキット王妃誕生日の祝日。

 タイでは昨年8月17日にバンコク都心のラチャプラソン交差点の観光名所「エラワンの祠」で爆弾が爆発し、タイ人6人、中国人5人など20人が死亡、日本人男性1人を含む128人が重軽傷を負った。


また、現場を走行中の自動車、バイク数十台が破損、一部が炎上した。翌18日にはバンコク都内を流れるチャオプラヤ川のサトン船着場の水路で爆弾が爆発した。高い水柱が上がり、周辺にいた人たちが走って逃げたが、水中で爆発が起きたため、けが人はなかった。


マレーシアと国境を接するタイ深南部ではマレー系イスラム武装勢力とタイ治安当局の抗争が続き、銃撃、爆弾テロが頻発している。

1発目の爆発で警官、兵士をおびき寄せ、2発目を爆発させる手口は、マレー系イスラム武装勢力がよく使う方法という指摘がある。


《newsclip》
http://www.newsclip.be/


2016年8月11日



Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム







爆弾2発爆発 タイ人女性死亡、外国人ら20人けが (タイ・フアヒン) 爆弾2発爆発 タイ人女性死亡、外国人ら20人けが (タイ・フアヒン) Reviewed by New York icon on 22:21 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.