犬を虐待し、実刑判決5年を言い渡された元飼い主 ノースカロライナ 

虐待を受けていた犬の

サウスカロライナ州で動物虐待の罪で5年の有罪判決を受けた元飼い主で被告のウィリアムズ・ドッドソン(42)。

チョコ・スタフォードシャーテリアのミックス犬を飼っていた被告は2015年5月、犬が吠えてうるさいという理由から虐待が始めた。 

犬の口のまわりをテープでぐるぐるに巻いて虐待を続けた。 

テープで口のまわりを巻かれ、舌の一部が無くなってしまいました。 

息苦しくても自分の力でテープを外す事は出来ません。

被告の家から保護されたあとに新しい家族に引き取られ、新しい名前はケイトリン。 以前の名前は不明。 

保護され、手術を受けたあとの写真


ウィリアムズ・ドッドソン被告(42)、5年の実刑判決が下された。 He will be sentenced later.

ケイトリンは今、2歳になりましたが、舌の一部がちぎれてしまって食事するのも大変だそうですが、新しい家族はケイトリンが、トラウマの状況から少しでも抜け出せる日を待つばかり、人間をもう1度、信じて欲しいと願うばかりです。

2016年8月9日




ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO


Booking.com ニューヨークホテル検索

マンハッタンランゲージ語学学校

K'z ゲストルーム





犬を虐待し、実刑判決5年を言い渡された元飼い主 ノースカロライナ  犬を虐待し、実刑判決5年を言い渡された元飼い主 ノースカロライナ  Reviewed by New York icon on 19:15 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.