キューバの90歳、カストロ氏、謝罪なかったオバマ大統領の広島演説を批判


キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は13日、90歳の誕生日を迎えた。

5月に広島を訪問した際のオバマ米大統領の演説を批判するコラムを寄稿したほか、卒寿の式典に出席して4カ月ぶりに公の場に姿を見せ、反米主義を掲げる「革命の英雄」の健在ぶりをアピールした。

カストロ氏は13日の共産党機関紙グランマ(電子版)で、広島で行われたオバマ大統領の演説は「何十万人の住民を殺害したことへの謝罪の言葉が欠けていた」と強調。 

He criticises Obama for not apologising to the Japanese people during a May trip to Hiroshima, describing Obama’s speech there as “lacking stature”.

広島と長崎を無作為に選んだ原爆の投下は「犯罪的な攻撃だ」と厳しく指摘した。コラムは12日付。

 弟のラウル・カストロ国家評議会議長や同盟国ベネズエラのマドゥロ大統領とともにハバナで行われた式典にも出席した。

背中は丸まっているが、白いジャンパー姿で元気にマドゥロ氏と談笑する様子などが国営テレビでも生中継された。

【リオデジャネイロ時事】

(2016/08/14)






2016年8月14日



Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム







キューバの90歳、カストロ氏、謝罪なかったオバマ大統領の広島演説を批判 キューバの90歳、カストロ氏、謝罪なかったオバマ大統領の広島演説を批判 Reviewed by New York icon on 18:35 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.