熊本・南阿蘇、不明学生の捜索現場で遺体収容


熊本地震で唯一の安否不明者となっていた大学生大和晃(やまと・ひかる)さん(22)を捜索を続けていましたが、11日、熊本県南阿蘇村の阿蘇大橋があった場所から下流約400メートル付近で、大和さんと思われる遺体が発見されました。

土砂に埋もれた車の中から遺体として発見された大和さん、地震から4月16日の熊本で起きた地震から月日が経ち、県警によると、遺体は白骨化した状態だった。と発表されました。

発見された車の中には、晃さん名義の銀行通帳なども見つかり、ほかに、着用した状態の上着とズボン、靴、携帯電話、父の卓也さん(58)名義のETCカードが見つかった。身元確認で大和さんと断定されれば、熊本地震による直接死の人数は50人となる。

遺体と遺留品は、ヘリコプターを使って大津署に搬送した。身元確認で晃さんと断定されれば、熊本地震による直接死の人数は50人となる。


朝日新聞より


2016年8月10日



Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム







熊本・南阿蘇、不明学生の捜索現場で遺体収容 熊本・南阿蘇、不明学生の捜索現場で遺体収容 Reviewed by New York icon on 9:05 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.