オランダの自転車選手が「魔の坂」で落車、集中治療室へ


7日に行われたリオデジャネイロ五輪、自転車女子個人、ロードレースで、オランダの選手・アンネミーク・ファン・フリューテンさん(33)が坂道を高速で落車し、腰椎3か所を損傷し手病院へ搬送されました。

テレビ中継では、道路わきの側溝に覆いかぶさるように倒れたフリューテン選手の姿が、ぴくりとも動かない、恐ろしい映像が映し出されていました。



集中治療室に入る重傷に見舞われましたが、フリューテン選手のツイッターでは病院からのツイッターでツイートしている。 

フリューテン選手は、トップで走っていましたが、残り10キロメートル地点で事故に遭った。

急な右カーブの下り坂で道にハンドルを取られたファン・フリューテンは、もんどりうって落車し、頭から地面に打ちつけられた。

2016年8月8日

ニューヨークの情報
ブルーデータ語学学校



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム





オランダの自転車選手が「魔の坂」で落車、集中治療室へ オランダの自転車選手が「魔の坂」で落車、集中治療室へ Reviewed by news15 on 12:30 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.