柔道 試合後の握手拒否し波紋 オリンピック


リオデジャネイロオリンピックで12日に行われた柔道男子の試合で、エジプトの選手が対戦相手のイスラエル選手との試合後、礼をせずに立ち去り、波紋を広げています。

 12日に行われた柔道100キロ超級の一回戦で、エジプトのイスラム・エル・シェハビー選手がイスラエルのオル・サッソン選手に敗れました。

 エジプトの選手は試合後の礼をせず、イスラエルの選手が差し出した手も握らずに畳をあとにしました。審判が呼び戻し礼をするよう求めましたが、小さく頭を下げただけでした。柔道の国際試合では試合後の礼はマナーで、観衆からはブーイングが起きました。

 オリンピック組織委員会の報道官は「オリンピックの価値観は壁を作るのではなく、橋を架けることにある」と苦言を呈しました。

 一般的にアラブ諸国ではイスラエルへの反感が強く、第四次中東戦争後、イスラエルと平和条約を結んだエジプトでも同様で、エル・シェハビー選手にはイスラエルの選手との対戦を辞退するよう迫る国内からの声があったとの報道もあります。

TBS NEWS

2016年8月14日



Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム







柔道 試合後の握手拒否し波紋 オリンピック 柔道 試合後の握手拒否し波紋 オリンピック Reviewed by news15 on 10:06 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.