ミャンマーでM6.8の地震、3人死亡 バガンの仏教建築群も被害


ミャンマーで24日、マグニチュード(M)6.8の地震が発生した。米地質調査所が発表した。

米地質調査所によると、震源は観光地として有名なバガンの約30キロ南にある町チャウクそばで、震源の深さは84キロ。

地震が直撃したマグウェ地区では、地元選出の国会議員であるハン・ゾー・ウィン氏によれば、震源地近くの村で少なくとも1人が死亡したという。

同氏はAFPの取材に対し「地震の最中に建物が倒壊し、近くにいた22歳の男性が死亡した」と述べた。 その後、2名が死亡したと発表されています。


チャウクでは、揺れが数分間にわたって続いたという。

また、バガンの警察当局者はAFPの取材に対して、「地震の揺れが続く間、著名なパゴダ(仏塔)が複数損壊した」と述べ、うちいくつかの被害は「深刻」だと話した。

さらに、バガンの文化関係の当局者であるアウン・チョー氏は「バガンにある約60のパゴダが被害を受けた」と語っている。

一方、タイの首都バンコクでも高層ビルが左右に揺れるのが確認できた。

インドのコルカタでも揺れが感じられ、パニックに陥った住民らが屋外に飛び出す姿がみられたという。

(c)AFP

2016/ 8/ 24






ミャンマーでM6.8の地震、3人死亡 バガンの仏教建築群も被害 ミャンマーでM6.8の地震、3人死亡 バガンの仏教建築群も被害   Reviewed by New York icon on 12:56 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.