マンハッタンの駅で男性刃物で刺され重傷、ヘイトクライムの可能性 


マンハッタンの地下鉄駅で男性が何者かに暴行されて重傷を負った事件で、ニューヨーク市警は男性を暴行した容疑者がゲイへの差別、ヘイトクライムに関係していたとみて捜査を続けています。

事件が起きたのは昨日、土曜日の午後7時30分ごろ、被害者の男性(28)がモーニングサイド・ハイツの110ストリートとブロードウェイ駅(1番線)で男に刃物で刺され、病院へ運ばれ手当てを受け重傷。

被害者は胸と腹を刺され手当てを受け、容態は安定しているという事です。

被害者の証言で、容疑者の男は190センチ位で、人種はヒスパニック、犯行時の洋服は白いシャツとカーキ色の半パンだった。

2016年8月7日 日曜




Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム






マンハッタンの駅で男性刃物で刺され重傷、ヘイトクライムの可能性  マンハッタンの駅で男性刃物で刺され重傷、ヘイトクライムの可能性  Reviewed by New York icon on 10:27 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.