SMAP 12月31日で解散へ 事務所には残留


25年以上にわたってグループとして活動を続け、国民的な人気を集めてきた、アイドルグループのSMAPが、ことし12月いっぱいで解散すると、所属事務所が発表しました。

SMAPが所属するジャニーズ事務所は、14日未明、報道各社にファックスを流し、SMAPがことし12月31日をもって解散することを発表しました。

男性5人の人気アイドルグループ、SMAPの活動をめぐっては、ことし1月、一部のメンバーがジャニーズ事務所を辞めて独立を検討していることが明らかになりましたが、メンバーは民放の番組にそろって出演して、グループとしての活動を続ける意向を示していました。

CDデビュー25年の節目だったが 

SMAPにとって、ことしはCDデビューから25年という節目の年ですが、記念のイベントなどが開かれないまま、年末で解散することになりました。

5人そろっての活動は減り、事務所とメンバーとの話し合いの場でも意見の違いが見られるようになります。

街では解散惜しむ声

SMAPがことし12月いっぱいで解散すると発表されたことについて、JR渋谷駅前では惜しむ声が多く聞かれました。

27歳の男性は「小学校の音楽の教科書に歌が載るほど有名で、アイドルグループの中でも別格の存在だったので、信じられません。ドラマやバラエティー番組でも活躍し、どのメンバーも好きですが、5人そろってこそ魅力が大きかったので残念です」と話していました。

また、23歳の女性は「ことし1月に活動を継続することが伝えられ、安心していたので、すごくショックです。存在が大きすぎて実感が持てませんが、今後の個々の活動も変わらずに応援するファンがたくさんいると思うので、頑張ってほしいです」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news


2016年8月14日












SMAP 12月31日で解散へ 事務所には残留 SMAP 12月31日で解散へ 事務所には残留 Reviewed by New York icon on 8:58 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.