W杯日韓大会で活躍の元トルコ代表に逮捕状、クーデター未遂めぐり 


サッカー元トルコ代表の点取り屋で、W杯日韓大会でのトルコの3位躍進にも貢献したハカン・シュクル氏。

※2002年W杯日韓大会の韓国戦で、シュクル氏が開始11秒で決めたゴールは今もなおW杯史上最速のゴールとなっている。

そのシュクル氏が、7月15日のクーデター未遂をめぐる捜査で、逮捕状が出された。トルコの国営メディアが12日、報じた。

クーデターは失敗に終わったが、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領の追放を狙ったものだった。
 
逮捕まで行きついた理由は、クーデターを計画したとされる米国在住のイスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン師の組織に参加していた疑い。 逮捕状の容疑は、武装テロ集団の構成員。"membership of an armed terror group"

尚、シュクル氏の父親のセルメト・シュクル氏にも同様の容疑で逮捕状が出されています。

2016年8月12日



Booking.com ニューヨークホテル検索

K'z ゲストルーム








W杯日韓大会で活躍の元トルコ代表に逮捕状、クーデター未遂めぐり  W杯日韓大会で活躍の元トルコ代表に逮捕状、クーデター未遂めぐり  Reviewed by news15 on 9:13 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.