米警察、13歳少年を射殺 BBガンを銃と間違え オハイオ州 AFPBB


米オハイオ州コロンバスで14日夜、強盗事件の通報を受けて出動した警察官が、低性能のエアガンである「BBガン」を手にした13歳の黒人少年を射殺する事件があった。地元警察が明らかにした。

 米国では黒人が警察によって射殺される事件が相次ぎ、警察の対応をめぐる抗議行動や全国的な議論が巻き起こっている。当局によると、コロンバスで警察による発砲事件が発生したのは今年に入って13件目で、うち5件で容疑者が死亡、別の1件で警察官1人が死亡している。

 死亡したのはタイリー・キング君。警察が出した声明によると、路地で警察と対峙(たいじ)した際にBBガンを取り出したことから複数回発砲を受け、搬送先のネーションワイド 小児病院で死亡が確認された。

 警察官らは、武装強盗の通報を受けて出動していた。通報では、複数の容疑者が被害者に近づき、うち1人が銃を取り出して金銭を要求したとされていた。

 警察官らは容疑者の特徴に合致する男3人を発見。警察が近寄ると、3人のうち2人が逃走した。逃げた2人を警察が路地に追い込み、「身柄を拘束しようと した際に1人がベルトから銃を抜いた」ため、「警察官1人が発砲し、同容疑者を複数回撃った」としている。その後、少年が手にしていたのがBBガンである ことが判明したという。

AFPBB News









米警察、13歳少年を射殺 BBガンを銃と間違え オハイオ州 AFPBB 米警察、13歳少年を射殺 BBガンを銃と間違え オハイオ州 AFPBB   Reviewed by Sakae Wade on 19:07 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.