ブルックリン、ウエスト・インディアン・パレード、危険な前夜祭、2人死亡

パレード前夜に多くの人が集まっている場面

ニューヨーク市警はブルックリンで5日に行われるウエスト・インディアン・パレードの警備強化をしているがすでに盛り上がりを見せているパレ―ドの前夜から多くの人が集まり、すでに犠牲者が出ています。 亡くなったのは女性1人と男性1人で、銃で撃たれ死亡。

毎年、行われている人気のパレードは、前夜から地元のカリビアン達が集まって、お祭りムードで盛り上がります。

パレードのルートとなるEmpire Boulevard and Flatbush Avenueで今朝5日、午前4時前に66歳の女性が腕と手を撃たれて病院へ搬送されました。 女性の容態は安定しています。 

Empire Boulevard and Flatbush Avenueで、20代の男性が胸を撃たれ、現場で死亡が確認されました。

午前4時15分、女性が腕を撃たれた場所からすぐ近くの場所、Empire Boulevard and Washington Aveで、22歳の女性が頭を撃たれ、病院へ搬送されましたが死亡が確認されました。

午前4時20分前、23歳の女性が今度はナイフで背中を刺されて病院へ搬送され手当てを受けました。 刺された場所はOcean Avenue and Empire Boulevard. 

午前5時30分、Eastern Parkway and Classon Avenで男性が首をナイフで刺されて傷を負い、重体。 


ニューヨーク市警は本日5日に行われるパレードに警備体制を強化すると共に防犯カメラの数を増やしたと発表しています。

ウエスト・インディアン・パレードの情報
http://newyorksansaku

2016年9月5日 








ブルックリン、ウエスト・インディアン・パレード、危険な前夜祭、2人死亡 ブルックリン、ウエスト・インディアン・パレード、危険な前夜祭、2人死亡 Reviewed by news15 on 10:54 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.