水木しげるさんデザインの妖怪「高女」像損壊の疑い、高校生を書類送検 和歌山県警


和歌山県御坊市の緑地からなくなった妖怪「高女」の石像が漁港の海底で見つかった事件で、御坊署は16日、器物損壊の疑いで、同市の男子高校生を和歌山地検田辺支部に書類送検した。

 送検容疑は7月26日午前5時ごろ、漫画家の故水木しげるさんがデザインし、同市塩屋町の緑地内に設置されていた妖怪像(約12万円相当)を足で蹴り、損壊した疑い。

 市によると、石像は高さ約50センチで、他の妖怪の像9体とともに緑地に設置されていた。なくなっているのを8月2日に市職員が見つけ、同署に被害届を提出。石像は8月10日に同市・日高港の海底で発見された。

産経新聞










水木しげるさんデザインの妖怪「高女」像損壊の疑い、高校生を書類送検 和歌山県警 水木しげるさんデザインの妖怪「高女」像損壊の疑い、高校生を書類送検 和歌山県警 Reviewed by news15 on 8:30 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.