フィリピン大統領、オバマ大統領への侮蔑発言後悔

写真はフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領とオバマ米大統領

5日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が先日、オバマ米大統領に対しタガログ語で「売春婦の息子」を意味する言葉を用いてオバマ大統領を罵倒していた。、

ドゥテルテ大統領とオバマ大領領らは6日に米比首脳会談を予定していたが米国側がこの会談を取りやめたと報道している。

6日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、オバマ米大統領を侮蔑語を用いて批判したことについて、後悔の念を示した。

「直接の原因は一部の報道陣の質問に対して私が放った強烈なコメントです。それが懸念と悲しみをもたらし、同時に米国の大統領に対する個人攻撃という印象を与えたことを後悔しています」と語った。とか。

AFP より

2016年9月6日 










フィリピン大統領、オバマ大統領への侮蔑発言後悔 フィリピン大統領、オバマ大統領への侮蔑発言後悔 Reviewed by Sakae Wade on 11:14 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.