ロボットが接客する「変なホテル」が来春から HISの沢田秀雄会長のインタビュー 

「変なホテル」は、先進技術を導入した世界初のホテルです。 環境にも配慮した現代的でスマートな設備は、滞在の快適性や楽しさももたらします。 Rakuten Travel

日本の旅行市場に「格安航空券」を普及させ、低予算の若者でも気軽に海外へ飛び立てる時代を呼び寄せた。赤字が開業以来18年続いたテーマパーク、ハウステンボスをエイチ・アイ・エス(HIS)の傘下に入れ、わずか半年で黒字化した“沢田マジック”は有名だ。

その園内では昨夏から、人間に代わりロボットが接客する「変なホテル」が連日満室の大人気。いよいよ来春から全国、そして海外へも展開を始める。

『生産性が世界一高いホテル』

答えはロボット化と自動化でした」  --なぜこんな屋号に  「お客さまにストレスをかけないよう、常に『変革』を追求する意思を込めました。

たとえば、1号店では現在、16種182台のロボットが活躍していますが、当初は6種82台でした。任せられる業務を開拓するなど、この1年でも細かい変革を重ねました」

--どれほどの省人化につながっているのでしょうか  

「昨年7月に72室・従業員30人で開業し、今年3月に144室へ倍増しました。一方で従業員は10人まで減らし、さらに常時1~2人勤務で回すメドもつきました」  

--今後の展開プランは  「100店舗くらいを目標に世界へ広げます。当面はベトナムやタイ、インドネシアなど、HISの店舗網を使い、1年以内に展開を始めます。国内では、まず2号店を千葉・舞浜に来年3月開きます。

愛知県蒲郡市や大阪市内にも出します。これらはテーマパークを訪れる家族客狙いですが、直営だけでなくフランチャイズを募り、ビジネスホテルとしても広げたいと考えています」

詳しく最初から読む (産経新聞)
http://www.sankei.com/premium/




ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム






ロボットが接客する「変なホテル」が来春から HISの沢田秀雄会長のインタビュー  ロボットが接客する「変なホテル」が来春から HISの沢田秀雄会長のインタビュー  Reviewed by news15 on 16:00 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.