クイーンズ、ジャマイカ、通り魔殺人の容疑者逮捕 

警察に連行されるYonatan Galvez-Martin容疑者

水曜日の夜、クイーンズのエリア、ジャマイカで帰宅途中にナイフで刺された女性、ナズマ・カナムさん(60)が亡くなった事件でニューヨーク市警は、容疑者の男を逮捕したと発表しました。

容疑者は22歳のYonatan Galvez-Martinで、窃盗と第二級殺人罪で起訴。

事件現場周辺と被害者のナズマ・カナムさん

被害者のナズマ・カナムさんはバングラデシュからの移民で、教師をし定年退職後に夫婦でギフトショップを経営していた。

ナズマ・カナムさんは8月31日午後9時15分ごろ、経営するギフトショップを閉店後に夫とグロッサリーストアーに立ち寄った。

その帰りにYonatan Galvez-Martinに襲われ、ナイフで腹を刺され、ジャマイカ病院へ搬送されたが死亡が確認された。 

ナズマ・カナムさんと夫は一緒に途中まで歩いていたが、夫は喘息の咳が出始めたので被害者の後からゆっくりと歩いていた。 

ナズマ・カナムさんが刺された現場

警察は防犯ビデオを確認、ナズマ・カナムさんが買い物袋をさげて歩いている後ろからMartin容疑者が走って来る姿が映っている。  

夫の話ではナズマ・カナムさんの叫び声が聞こえ、慌てて走って行ったがその時には被害者は腹をナイフで刺されて地面に倒れていた。 その時にナイフはまだ妻の腹に刺さっていた。 そして妻は血だらけになりながら、私にこう告げました。 "someone just killed me." この言葉が最後の言葉でした。と語った。 

容疑者は事件のあったストリート沿いに住んでおり、警察は防犯カメラから容疑者を割り出し、周辺の聞き込みで容疑者をいち早く逮捕出来た。

容疑者はナズマ・カナムさんから金目の物を盗もうとし刺したとみている。 この事件はイスラム教徒へのヘイトクライムの可能性があると最初は捜査していたが、ヘイトクライムではなく窃盗殺人だった。 

ナズマ・カナムさんの遺体は故郷のバングラデシュへ帰り、バングラデシュで葬儀が行われるとの事です。

2016年9月4日


ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならニューヨーク観光がお得!










クイーンズ、ジャマイカ、通り魔殺人の容疑者逮捕  クイーンズ、ジャマイカ、通り魔殺人の容疑者逮捕  Reviewed by New York icon on 13:32 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.