パリで野宿する移民3000人を超え、バス移送、野営地撤去へ フランス  

陸橋の下で生活する移民たち

フランスの首都、パリの北東部にテントを張って生活をしていた移民たちの約3000人をパリ市当局は場所の撤去に向けて動き出したという。

移民たちが野宿をしている地区は地下鉄スターリングラード駅近くの陸上鉄橋下のサン・マルタン運河周辺だという。 

場所の撤去に向けて移動する移民たち


警官らは現地時間午前6時(日本時間同日午後2時)前、アフガニスタンからの移民らが滞在しているキャンプの一画に規制線を張り、移民男性数百人を集合させた。

道路でテントを張って寝る移民も多い、パリ

夜明け前に1台目のバスが到着すると、移民らは歓喜で迎えた。 寒さが増すフランスの11月では野宿は辛い。 

移民らは午前中に、パリ市を中心とするイル・ド・フランス地域圏各地にある収容センターにバスで移送される予定だという。


2016年11月4日


Booking.com : バンコクのホステル。タイ・バンコクの格安ホステルを提供。

ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり






パリで野宿する移民3000人を超え、バス移送、野営地撤去へ フランス   パリで野宿する移民3000人を超え、バス移送、野営地撤去へ フランス   Reviewed by news15 on 10:38 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.