中国で不動産業が儲かるのはなぜ?[富豪のトリビア45 -Part12] | Forbes


フィーブスによると富豪たちはいかにして巨万の富を手にし、何を考え、どう使っているのか?という自分にはほど通り、富豪という名称。

現在、中国の不動産マーケットは激しく動いている。かつて中国では、住宅は国から与えられるものだった。分譲住宅の売買が正式に始まったのは1998年。つまり中国では、不動産マーケット自体がまだ若く、大きな潜在力を持っているのだ。

中国で売買されているのは土地そのものではなく、「土地使用権」。 

これを読んで、中国語最大大手のオンラインで家を見れる不動産サイトトップ3はこちら。 中国語での掲載のみ。 

1.搜房网(ソウ ファン ワン)http://www.soufun.com/

2.搜狐焦点房地产网(ソフ ジョウ デン ファン ディ チャン ワン)’http://house.focus.cn


3.新浪乐居(シン ラン ラ ジュ)http://bj.house.sina.com.cn

 
一般には土地の所有者である国からその権利を借り受ける形になっており、居住用地であれば使用期限は70年間だ。法律では、期限に達しても契約を継続できることになっている。

98年に売買された最初の物件が期限を迎えるのは今から52年後の2068年だ。

上海のコングロマリット、復星国際有限公司(フォースン・グループ)は、ニューヨークの金融街にある超高層ビルやフランスのリゾート企業「クラブメッド」をはじめ、最近では北海道の「星野リゾートトマム」を買収したことでも知られている。

中国資本が、ロンドンやニューヨークのランドマーク的建築物に投じられていることは周知の事実だ。

日本はもちろん、オーストラリア、タイ、マレーシア、アメリカ、カナダなどへの投資を促している。




ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム







中国で不動産業が儲かるのはなぜ?[富豪のトリビア45 -Part12] | Forbes 中国で不動産業が儲かるのはなぜ?[富豪のトリビア45 -Part12] | Forbes Reviewed by New York icon on 16:42 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.