京都、刃物持った男に警官発砲、4発命中 住宅街で切りつけ 


朝日新聞によると11月29日午後7時ごろ、京都市北区衣笠開キ町の住宅街で、「男が殺すぞと言っている」と周辺住民から110番通報があった。 

駆けつけた京都府警の警察官が取り押さえようとしたところ、男が刃物を振り回したため、威嚇射撃をしたうえで拳銃を発砲。府警は男を銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。 

京都市消防局によると、現場で男に切りつけられたとみられる母親(40)と男児(5)が病院に搬送された。 男児は頭や腹に刺し傷や切り傷が複数あるが、命に別条はないという。  

北署によると、逮捕されたのは近くの無職小西威規(たけのり)容疑者(27)。刃渡り6センチを超えるナイフのようなものを持っていたため、警察官が捨てるよう警告したが抵抗したという。

警察官は威嚇射撃をした後に4発発砲、いずれも足に命中した。小西容疑者は病院で手当てを受けているが命に別条はないという。  

現場は市北部の住宅街で、近くに金閣寺や大徳寺などがある。事件当時、現場近くを歩いていた男子大学生(20)は、数十秒ずつの間隔で発砲音を聞いたという。「何が起こるか分からない。怖い」と話していた。

2016年11月29日(日本時間30日)


英会話教材はスピークナチュラル








京都、刃物持った男に警官発砲、4発命中 住宅街で切りつけ  京都、刃物持った男に警官発砲、4発命中 住宅街で切りつけ  Reviewed by New York icon on 10:18 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.