パリ近郊の高速道路で強盗事件、被害額5億9千万円 

写真は渋滞中のA1モーターウェイ

フランスの首都、パリ近郊の高速道路A1モーターウェイで、高級車ベントレーが強盗に襲われ少なくとも約5億9千万円を盗まれたとフランスの警察が明らかにしました。

事件が起きたのは11月21日、パリ北部のルブルジェ空港を出てベントレー車が走り出した直後に強盗に遭ったという。 犯人は2人組の覆面をした男らで、車ににあった衣類、カバン、宝飾品など全てを盗んで行った。 被害総額、少なくとも5億9千万というとてつもない金額。

犯人らは高速道路が停滞していた中で、ベントレーを運転していた運転手に車を停めさせ、運転席側の窓を開く様に伝えたあと、催涙スプレーを運転手の顔をめがけて吹きかけた。 ベントレーの後部席に乗っていた60代のカタール人女性2人は無事。

2016年11月22日




ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム







パリ近郊の高速道路で強盗事件、被害額5億9千万円  パリ近郊の高速道路で強盗事件、被害額5億9千万円  Reviewed by New York icon on 15:52 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.