チリの84歳男性、泥棒に立ち向かうも逆に転倒


[2日 ロイター] - チリの首都サンティアゴにある商業施設で、宝石を盗んで逃走した15歳の少年を止めようとした84歳の男性が、逆に転倒して意識を失うというハプニングがあった。


監視カメラの映像によると、ラウル・ムニョスさんは前方から走ってくる少年を止めようとして片脚を出したが、ぶつかった衝撃で転倒。少年はつまずいたものの逃走を続けた。
病院に搬送されたムニョスさんは、「『捕まえて』という叫び声が聞こえ、少年が私の横を通り過ぎようとしたので片脚を出したけれど、その瞬間まるでこの世から消えてしまったようだった」とコメント。意識が戻ると、心配した妻が怒っており、数時間口をきいてくれなかったと話した。 

少年はその後拘束されたという。

 ロイターニュース










チリの84歳男性、泥棒に立ち向かうも逆に転倒 チリの84歳男性、泥棒に立ち向かうも逆に転倒 Reviewed by New York icon on 0:31 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.