モンゴルに「不満」=ダライ・ラマ訪問で-中国


【北京時事】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がモンゴルを訪問したことに対し、中国外務省の耿爽・副報道局長は20日の談話で、「モンゴルは中国の度重なる制止を顧みず、ダライをモンゴルに招いた」と批判し、「強烈な不満と断固たる反対」を表明した。

ダライ・ラマは18日にモンゴル入りしたが、中国はモンゴル側に入国を許可しないよう求めていた。  

耿副局長は「(ダライ・ラマと)いかなる国家の当局者がいかなる形式の接触を行うことにも断固反対だ」とけん制した上で、モンゴル側に対し、「中国の核心的利益と重大な関心を尊重し、有効な措置を取り、訪問によるマイナスの影響を取り除くべきだ」と訴えた。

http://www.jiji.com

チベットはかつて、ひとつの独立国家でした。 しかし、中国側は、「もともとは中国だった」という強引な理屈と軍事力で脅し続け中国の一部になったと言われています。

中国はダライ・ラマ14世を後継者として認めず、中国側は、チベット仏教指導者を擁立しています。 ダライ・ラマ14世はチベットの自治権の拡大を訴えて、 中国政府と対立しています。








モンゴルに「不満」=ダライ・ラマ訪問で-中国 モンゴルに「不満」=ダライ・ラマ訪問で-中国 Reviewed by news15 on 10:39 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.