中国当局、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に厳しい目

【11月24日 AFP】中国国営英字紙・環球時報が24日、伝えたところによると、中国当局は、イスラム教徒が多数居住する新疆ウイグル自治区のすべての住民に対し、「審査と管理」のためとしてパスポートを地元の警察署に引き渡すことを義務付けた。


 同自治区のアクス地区のある警察官が匿名で環球時報に伝えた話によると、この義務付けは同自治区全域で実施されており、「パスポートが必要な人は、必ず警察に申請しなければならない」という。同自治区についてはこれまでにも、全域でパスポート管理が強化されているとの報道が多数、出ている。

 100万人を超える新疆ウイグル自治区のイスラム教徒の住民の多くは、この地区の文化や宗教に対する統制に加え、パスポート申請の拒否などは差別だと非難している。

 同自治区の石河子市の公安当局は先月、ソーシャルメディアに、パスポート提出を拒めば「国外渡航の禁止などの責任を負う」という投稿をしたが、後に削除された。

(c)AFP


中国当局、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に厳しい目 中国当局、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に厳しい目 Reviewed by New York icon on 17:56 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.