和田アキ子、紅白落選でネット上に歓喜の声が吹き荒れる





年末に放送される『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が、24日に発表されたのだが、これまで紅組の歴代最多となる39回の出場を果たしていた和田アキ子は落選。これに対してネット上では「遂にNHKも英断したか!」「今まで出場できてたのがおかしかっただけなんだけどな」などと歓喜の声が吹き荒れた。

今年も出場となれば、女性歌手歴代単独1位となる31回連続出場という大記録達成となっていただけに、ファンからは落胆の声が寄せられているのだが、近年はヒット作が無いにもかかわらず出場し、「本当に売れた歌手に譲るべき」と批判の声が増していただけに、「落選は当然」という声の方が圧倒的に多い。

 和田は、07年に放送された『アッコにおまかせ!』では、その年の紅白に初選出された歌手のすぎもとまさとについて、「知らない」と発言したものの、そのすぐ直後に、すぎもとが過去に和田の楽曲を作曲していたことが発覚し、土下座して陳謝する場面があったのだが、同番組における和田の失言は年々増すばかりとなり、今では「老害」とまで批判されているだけに、ネット上では「紅白だけじゃなくて、芸能界からもそろそろ身を引いた方が良いのでは?」という声も少なくない。

「かつては、芸能界のご意見番として幅を利かせていた和田ですが、最近の度重なる失言&陳謝で好感度も急降下。
また、所属する芸能事務所・ホリプロは、この業界では珍しく、歩合制ではなく年功序列の定額報酬制を採用しているのですが、今年で芸能生活48年という長きに渡って活動している和田の給料は当然、寝る暇もなく働いている若手タレントたちよりも多いということになり、昨年度の女性タレント出演番組本数ランキングで1位に輝いた小島瑠璃子が、ことあるごとに薄給を嘆いているため、ネット上では『そりゃ、自分よりも売れてない奴の方が給料多かったら不満は溜まるよな』『リスク背負って芸能界入りした旨味がない』などと同情する声が寄せられ、和田に対して『もういい歳なんだし、引退すれば?』という声が殺到しています」(同)
 しかし、和田は再来年で芸能生活50周年を迎えるとあって、「少なくとも、それまでは引退しないだろうな」という声や、「芸能生活50周年と紅白出場40回目を同時に祝うために、今年の紅白は辞退したのでは?」と臆測する声も広まっている。






和田アキ子、紅白落選でネット上に歓喜の声が吹き荒れる 和田アキ子、紅白落選でネット上に歓喜の声が吹き荒れる Reviewed by New York icon on 10:46 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.