王子の恋人、報道が「虐待」=王室、メディア批判―英 時事


ロンドン時事】英王室は8日、チャールズ皇太子の次男ヘンリー王子(32)の新たな恋人が、メディアによる「虐待と嫌がらせのうねり」にさらされていると訴える声明を出した。報道について「この1週間は一線を越えた」などと強い調子でメディアを批判する内容で、王室の公式声明としては異例。

 恋人は米女優メーガン・マークルさん(35)で、王子と数カ月前から交際中。大衆紙を中心とする英各紙は最近、マークルさんの人となりや私生活を採り上げ、一部は一面記事で「彼女はでしゃばりで王族にふさわしくない」(サン紙)などと否定的に報じていた。

 声明は、記者やカメラマンがマークルさん宅に不法侵入を試みたり、知人らに付きまとったりしたと指摘。「王子はマークルさんの安全を心配し、守れないことに深く失望している」と訴えている。 

http://www.jiji.com/




ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり





王子の恋人、報道が「虐待」=王室、メディア批判―英 時事 王子の恋人、報道が「虐待」=王室、メディア批判―英 時事 Reviewed by New York icon on 14:25 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.