裁判員が居眠り、裁判やり直しで性的暴行の男無罪に デンマーク


【11月23日 AFP】デンマークで、実の娘(14)に性的暴行を加えた罪で有罪判決を受けた男の裁判が、裁判員が居眠りしていたことが発覚しやり直しとなり、男に無罪判決が言い渡された。

男は昨年11月に首都コペンハーゲン(Copenhagen)の高裁で行われた裁判で、禁錮5年を言い渡されていた。だが、カーテンが閉められ、法廷内の照明が消されて、男の3人の子どもたちに事情聴取した映像が流された際に裁判員の1人が居眠りしていたのを看守2人が発見していたとして、今年9月に最高裁が裁判のやり直しを命じていた。居眠りを指摘された裁判員は、これを否定している。

 高裁での評決は3人の裁判員と3人の裁判官の多数決で行われ、4対2で有罪と判断されたが、最高裁命令を受けて22日に行われた審理では、5対1で男は無罪とされた。

 同日には、他の実子2人に対し暴力を振るった罪で禁錮10月を言い渡されたが、2年4か月勾留されていたため、釈放された。

2016年11月23日

(c)AFP



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム






裁判員が居眠り、裁判やり直しで性的暴行の男無罪に デンマーク 裁判員が居眠り、裁判やり直しで性的暴行の男無罪に デンマーク Reviewed by New York icon on 13:26 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.