「ビッグマック」を考え出したマイケル・デリガッティ氏死去 PA


11月28日、約50年前にマクドナルドのビッグマックを考え出し販売した男性死去。  亡くなったのはペンシルバニア州のピッツバーグに住む、マクドナルド店(フランチャイズ)の経営者、マイケル・ジム・デリゲッティ―氏。 98歳でした。  

マクドナルドの広報担当者、ケリー・フォード氏は、ディリガッティ氏が月曜日の夜、家族に囲まれて家で死亡したことを伝えました。  

ディリガッティ氏

デリゲッティ―さんが考えたビッグマックは従来のハンバーグとは違い2枚のビーフパティと3枚のバンズ、チーズ、レタス、トマトで、その大きさとボリュームで圧倒的な人気を得て、今でもマクドナルドの人気商品の1つとなっている。 

当時、ディリガッティ氏は従来のハンバーガーでは物足らないとマクドナルドの会社側を説得し、販売へとこぎ着けたビジネスに対して情熱の持ち主。

1967年にマクドナルド社の許可を得て自身が考案した新しいハンバーガーを売り出したところ、売り上げが12%伸びたそうです。

それから数年のうちにマクドナルドはビッグマックを全米で販売。 ディリガッティ氏は期せずして、ファストフードのメニュー拡大競争に火を付ける形となった。

2016年11月30日






ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう



「ビッグマック」を考え出したマイケル・デリガッティ氏死去 PA 「ビッグマック」を考え出したマイケル・デリガッティ氏死去 PA Reviewed by New York icon on 18:52 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.