米大使館近くに爆弾=イスラム過激派か フィリピン


フィリピン国家警察は28日、首都マニラの米大使館近くで、爆弾が発見されたことを明らかにした。爆弾は、南部ダバオ市で9月に発生したテロ事件に使用されたものと同種とみられ、警察はイスラム過激派が関与した疑いがあるとみて捜査している。  

警察によると、爆弾は28日朝、大使館から約200メートル離れた目抜き通りで発見された。警察部隊が爆弾を処理し、けが人はいなかった。

http://www.jiji.com/




ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム








米大使館近くに爆弾=イスラム過激派か フィリピン 米大使館近くに爆弾=イスラム過激派か フィリピン Reviewed by New York icon on 9:53 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.