テネシー、130ドルの婚約指輪で店員が侮辱の言葉、そこで女性は

左がクインさん、右がアリエル・ディジリーさん

テネシー州に住むアリエル・ディジリーさん(22)が恋人のクインさんと婚約をし、婚約にまつわる話をフェイスブックに投稿した文章を読んだ多くの人がシェアをし、5万5千件以上の人がシェアをし、この話が広がり反響を呼んでいます。 

アリエルさんはコミュニティーサービスの事務所に勤めながら学校へ行き将来は学校の先生になる予定だ。 そして婚約者の彼、クインさんは中古車のディーラーで働いている。 

2人はこの2年、倹約しながら生活を送って来た。 そして2人は2年間の交際を経て婚約。 

クインさんはアリエルさんへ婚約指輪を一緒に選びに行こうと伝えるたが、ディジリーさんは、「指輪なんていらないよ、私は親友と結婚できるだけで幸せなんだから」と告げたのでした。

I didn't need a ring and that all she wanted to do was "marry my best friend."

実は、クインさんはディジリーさんへ贈る婚約指輪を買うために密かに貯金をしていたのでした。 



2人は揃って宝石店へ行き婚約指輪を選ぶ事にしました。 

2人が選んだのはキュービックジルコニアが装飾されたシルバーの指輪で値段は130ドル。 

宝石店の店員らが会計をしながらカウンターの中でつぶやいていた言葉がディジリーさん達の耳に入って来たのです。

そのつぶやきと言うのは「ねえ、この安物の指輪を婚約指輪として贈る男がいるのよ、信じられる?なんて哀れなの」 または訳文、 「これを婚約指輪として買うなんて信じられる? みじめすぎるわ」

 "Y'all can you believe that some men get these as engagement rings? How pathetic," 
ディジリーさんの話によるとクインさんは店員たちの言葉が聞こえ、肩をがっくり落とした表情で、顔がみるみるうちに曇ったと言います。 face fall" in reaction to the comment.

クインさんはディジリーさんに申し訳なさそうに何度も何度も 「これで本当に幸せなの?本当にこでいいの?」と尋ねました。 
Are you sure you'll be happy with these? Are you sure this is okay?

アリエルさんは宝石店の店員に向かって、「大切なのは指輪そのものじゃない。それを買うという愛こそが大切なの」と反論し、指輪を受け取り2人で店を去りました。 
MARTIN, Tenn. - It’s not the cost of the wedding ring that’s important. What the ring symbolizes is what marriage is about.

アリエルさんはこの日の店員のつぶやいた言葉を含め、本当に大切なものを忘れてしまったの?と現在の世の中へ訴えている。 クインさんはディジリーさん2人は幸せに結婚式を挙げて幸せに日々を送っている。 

クインさんはディジリーさんの2人はオンラインで知り合って結婚したそうだ。 現代のお見合いはインターネットの普及で仲人さんも必要ないし、良い人と巡り合えさえすれば場所や出会いの理由など関係ないもの。 

アリエルさんがフェイスブックに投稿した文章
https://www.facebook.com/Arii.Psalms56/posts/1493818427314414






ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう




テネシー、130ドルの婚約指輪で店員が侮辱の言葉、そこで女性は テネシー、130ドルの婚約指輪で店員が侮辱の言葉、そこで女性は Reviewed by New York icon on 20:15 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.