新宿「300B ONE」でホッチキスの針混入 謝罪した店長の言い分


「300B ONE」新宿店へ12月25日に来店した女性が注文したハンバーグの中にホッチキスの針が入っていた、そしてその女性客は店員に告げたが、店員からの謝罪はなかった。という。 続いて女性客はその店員に上司に聞いたのですか?と尋ねると

「上の者は忙しくて手が離せません」と返答が帰ってきたという。 

この店員の対応に気分を害した女性客は店を出る際、「入っていたホッチキスの針を返して下さい。」と伝えた。 

店先で客がもめては困ると思ったのかやっとこの時点で店長が出て来た。 すると「ホッチキスの針は捨ててしまった」と説明されただけだった。という。


女性客は翌日の12月26日に同店のツイッターにて代表の電話番号を教える様に求めるコメントを書いたがブロックされてしまったのでした。 


女性の書いたコメントがブロックされた経路は不明。 女性は”もしホッチキスの針を飲み込んでいたら”と恐怖感をツイッターで訴えていました。 女性は保健所へ通報している。

女性がツイートしたコメントに対し、4万以上のリツイートがされたにも関わらず、店側の対応はどうなのか?という問題でツイッターで炎上していた。 

だが12月26日、店側はツイッター、アメブロを通じてホッチキスの針が入っていた事を認め、謝罪している。 (上)

アメブロでの謝罪文>>http://ameblo.jp/300bone/


ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり



新宿「300B ONE」でホッチキスの針混入 謝罪した店長の言い分 新宿「300B ONE」でホッチキスの針混入 謝罪した店長の言い分 Reviewed by New York icon on 12:46 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.