アレッポ東部、約5万人がまだ退避できず 国連特使


シリア内戦で激戦地となっていた北部アレッポでは15日、政府軍との合意に基づき、東部の反体制派地域から民間人と戦闘員ら数千人が退避した。

しかし、国連(UN)特使と仏外務省によると、いまだ約5万人が東部に取り残され、その多くは民間人だという。

 国連のスタファン・デミストゥラシリア問題担当特使は15日、フランス・パリでジャンマルク・エロー仏外相と共に記者会見し「不幸なことに、まだ5万人が(アレッポ東部に)とどまっており、このうち4万人は民間人だ。 残りは戦闘員1500~5000人とその家族だ」と述べた。

 デミストゥラ特使はそのうえで、退避する人々に国連職員が付き添い、戦闘員が退去合意に基づいた配慮ある待遇を受けられるようにすることが、国連として最優先課題だと語った。

アレッポ

一方、ジョン・ケリー米国務長官は、ボスニア紛争中に起きたスレブレニツァの虐殺が繰り返されるのを避けるため、対策が必要だとの見解を示した。

 シリア政府を支援するロシアと反体制派を支援するトルコが仲介した今回の合意では、アレッポ東部から退避した人々は北西部の反体制派地域イドリブへ移送されることになっている。

 これまでに民間人や反体制派の戦闘員とその家族を乗せたバスや救急車の車列が、3回に分けてアレッポを離れた。

赤十字国際委員会シリア代表部のマリアンヌ・ガゼール首席代表は、第2陣が出発した段階で「子どもを含む約3000人の民間人と、負傷者40人以上が出発した」と説明。

ただし「東部に残っている人数は不明だ」として、退避完了には数日かかるとの見通しを示した。

(c)AFP







アレッポ東部、約5万人がまだ退避できず 国連特使 アレッポ東部、約5万人がまだ退避できず 国連特使 Reviewed by New York icon on 17:49 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.