7歳女児が警察署に入り爆発、爆弾ベルトを遠隔操作 シリア


シリアの政府系日刊紙「アルワタン」は、同国首都ダマスカス南東部の警察署で16日に発生した爆発事件は爆発物が付いたベルトを着用した7歳の女児によるものだったと報道した。  

アルワタンによると、爆発は人通りの多いミダン地区で発生し警官3人が負傷した。同紙はフェイスブック(Facebook)ページに、「爆発物が付いたベルトを着用した7歳の女児が警察署に入り、遠隔操作により爆発した」と記載した。

 警察筋がアルワタンに語ったところによると、爆発は迷子になった様子の女児がトイレを使わせてほしいと言ったときに起こったという。

(c)AFP


ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり






7歳女児が警察署に入り爆発、爆弾ベルトを遠隔操作 シリア 7歳女児が警察署に入り爆発、爆弾ベルトを遠隔操作 シリア Reviewed by New York icon on 23:46 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.