米シカゴの年初来殺人件数が700件突破、20年ぶり高水準


米シカゴの警察は1日、年初からこれまでに市内で発生した殺人事件が700件を突破して過去約20年で最高水準となったことを明らかにした。

11月の殺人は77件で、年初来の合計が701件となった。 

広報担当者によると、殺人件数は前年の同じ期間から55%増加しており、1998年の704件、97年の761件以来の高水準に達している。

11月に発生した銃撃事件は316件、銃の被害を受けた人は389人に上ったという。 警察のデータによると、人口270万人のシカゴにおける殺人件数は、はるかに多くの人口を抱えるロサンゼルスとニューヨークの合計を上回っている。

シカゴの暴力事件は、大半が西部と南部の貧困地域で発生している。 警察の責任者は声明を発表し「一部地域における今年の暴力事件の水準は、容認しがたい」と述べた。

[シカゴ 1日 ロイター] 

2016年12月2日








米シカゴの年初来殺人件数が700件突破、20年ぶり高水準 米シカゴの年初来殺人件数が700件突破、20年ぶり高水準 Reviewed by New York icon on 11:09 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.