兵庫、勤務態度にいらだち、店長が学生の賄い料理に有毒植物混入

チョウセンアサガオ (朝鮮朝顔)・・・別名・ダツラ

11月、兵庫県姫路市の居酒屋でアルバイトの男子大学生(20)が、賄い料理の食事をした後から意識がもうろうとなり、翌日に入院。

病院側から家族へ「薬物中毒の疑いがある」と説明を受け、家族が店に連絡。 その後、居酒屋のオーナーが店長だった男(30)に事情を尋ねると、学生の食べた賄い料理のどんぶりの中に有毒植物チョウセンアサガオの種を入れたと認め、オーナーが姫路署に連絡した。

学生は賄い料理のどんぶりを食べ、1週間の意識障害に陥っていた。と姫路署が伝えている。

 けいれん、昏睡…死ぬことも  

同署は同月11日、傷害容疑で男を逮捕。

男は種をインターネットサイトで購入して使用。「勤務態度にいらだっていた」と容疑を認めている。
1日に釈放された。

2016年12月1日


K'z ゲストルーム






ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう





兵庫、勤務態度にいらだち、店長が学生の賄い料理に有毒植物混入 兵庫、勤務態度にいらだち、店長が学生の賄い料理に有毒植物混入 Reviewed by New York icon on 9:40 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.