7年前事故死の男、書類送検へ 島根女子大生殺害疑い


2009年10月に島根県立大1年の平岡都さん(当時19)が行方不明となり、広島県の山中で切断された遺体が見つかった事件で、遺体発見後に交通事故で死亡した当時30代の会社員の男の周囲から、行方不明後の平岡さんを写したとみられる画像データが見つかったことが17日、捜査関係者への取材で分かった。
 島根・広島両県警合同捜査本部は、男が平岡さん殺害などに関与した疑いが強まったとして、20日に容疑者死亡のまま殺人容疑などで書類送検する方針だ。
 捜査関係者によると、男は当時、平岡さんが住む島根県浜田市に隣接する同県益田市に居住していたが、2人に接点はなかったとみられる。遺体が見つかった2日後の09年11月8日、山口県の中国自動車道を走行中に事故を起こし死亡した。
 平岡さんは09年10月26日夜、浜田市内のアルバイト先を出た後、行方不明となり、翌11月に広島県北広島町の臥竜山で切断された遺体の一部が見つかった。
 司法解剖の結果、平岡さんの顔に複数の殴打痕、首には指の圧迫痕があり、胴体に死後切りつけられた傷や火を付けられた形跡もあった。死因は特定できなかった。
 10年2月以降は公的懸賞金制度の適用対象になったが、12年に死体損壊・遺棄容疑の公訴時効が成立した。
〔共同〕

島根女子大生死体遺棄事件(しまねじょしだいせいしたいいきじけん)とは、2009年(平成21年)11月6日に発覚した死体遺棄事件である。浜田事件、浜田学生遺棄事件とニュースサイトなどで記載されることもある。

2009年11月6日、広島県北広島町東八幡原の臥龍(がりゅう)山中の崖下で、前月の26日夜から行方不明になっていた島根県立大総合政策学部1年生・平岡都さん(当時19歳)に酷似した若い女性の頭部が発見された。第一発見者は山にキノコ狩りに来ていた男性で、頭部が落ち葉の上に置かれていたのを見つけて警察に通報。駆けつけた警察によると、セミロングの髪型が判別でき、首には刃物で切断されたような跡があったという。

 島根・広島の両県警は、殺人・死体損壊遺棄事件として捜査を始めた。

 翌7日、DNA鑑定により、被害者を前述の都さんと断定。また、司法解剖の結果、顔面には殴打された形跡があり、内出血していたことも発表された。

 最初の頭部発見以降、7日に林道入り口近くの雑木林から左大腿骨の一部、8日には頭部発見現場の近くで両手足のない胴体部分、9日には左足首、19日には林道付近に落ちていた動物の排泄物から被害者の爪が発見され、後日、すべて都さんの遺体の一部であることが確認された。

 それぞれ遺体の状況は、通常の感覚を持つ人間ならば直視することすらできない残忍なものだった。都さんはバラバラに解体されただけでなく、きわめて"猟奇的"な手が加えられていたのだという。

その一例を上げると、胴体部分の胸は刃物によってえぐり取られ、腹部は内臓の大部分が取り出されていた。あまりの残忍さに、警察の捜査でも「被害者は人間以外の動物に食いちぎられたのではないか」という意見が出たほどである。また、胴体全体に焚き火などにより焼けた跡があり、顔には殴打された痕、左頬には足で踏まれた跡が付いていた。

日本の犯罪史上でも類例のない、人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件である。

http://news.livedoor.com/article/detail/5124452/


身長147cm、細身で髪はセミロング、やや茶色の毛。香川県坂出市出身。2009年春に高松商業高を卒業して、島根県立大に入学。海外留学の希望を抱く明るい性格で、将来の夢は「英語を使える仕事に就く」こと。途上国の飢餓を救うボランティアサークルに所属していた。授業の欠席はほとんどなく、まじめで成績は優秀だった。連休や盆休みには必ず実家に帰省し、家族と触れ合っていた。交友範囲は大学の語学クラスやゼミ、サークル、バイト先などに限られ、メールや電話でやり取りする相手も比較的少なかった。特定の交際相手はいなかったという。


ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり


7年前事故死の男、書類送検へ 島根女子大生殺害疑い 7年前事故死の男、書類送検へ 島根女子大生殺害疑い Reviewed by New York icon on 0:16 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.