川崎市、溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」


神奈川県川崎市の多摩川で、全裸の状態で死亡しているのが見つかった18歳の少年が、行方不明になる前、友人に「もし自分が帰ってこなければ迎えに来てくれ」と言い残していたことが分かった。

 横浜市の18歳の少年は2日、川崎市の多摩川の川岸で、全裸で溺死しているのが見つかった。この際、少年の服や所持品は見つかっておらず、警察は10日、周辺を捜索している。捜査関係者によると、防犯カメラの映像などから、少年は行方不明になった当時、黒っぽい上下のジャージーを着て、灰色っぽいかばんを持っていたという。

 また、関係者への取材で、少年は行方不明になる前、友人に「もし自分が帰ってこなかったら、現在地情報を送るから迎えに来てくれ」と言い残していたことがわかった。警察は、少年が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて調べている。


川崎市、18歳少年殺害、複数の知人と金銭トラブルか

川崎市の多摩川で全裸の状態で遺体で見つかった18歳の少年が、複数の知人と金銭トラブルになっていた可能性があることが分かりました。

 今月2日、川崎市多摩区の多摩川で18歳の少年が全裸で仰向けの状態で死亡しているのが見つかりました。死因は溺死で遺体に目立った外傷はなく、警察は少年の交友関係を中心に慎重に調べを進めています。

その後の取材で、少年が複数の知人と金銭トラブルになっていた可能性があることが分かりました。

「よく捜されていました。金銭トラブルですね、一番多いのは」(少年の知人)

また、少年は先月23日、「人に会いに多摩に行く」などと知人に話していたということで、警察は少年が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査しています。(10日10:35)


川崎市、溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」 川崎市、溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」 Reviewed by New York icon on 12:08 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.