一つの中国政策、必ずしも堅持の必要ない=トランプ米次期大統領


トランプ次期米大統領は11日、米国政府がこれまで維持してきた「一つの中国」政策について、必ずしも堅持する必要はないとの見解を示した。

フォックス・ニュースのインタビューで答えた。 「『一つの中国』政策については十分に理解しているが、中国と貿易などについて合意でもしない限り、なぜ堅持する必要があるのかわからない」と述べた。

中国側はこれまでのところトランプ氏の発言についてコメントしていない。

中国はトランプ氏が今月2日に台湾の蔡英文総統と電話会談したことについて非難していた。米国と中国が1979年に国交を正常化して以来、米台首脳が直接接触したのは初めて。

オバマ政権はこの電話会談後に、中国の当局者らに対して米国の「一つの中国」政策に変わりがないことを確認したと明らかにしていた。トランプ氏の11日の発言について、ホワイトハウス関係者はこれまでの立場と変わらないと述べるにとどめた。

フォックス・ニュースのインタビューでトランプ氏は台湾総統との電話会談に応じるかどうかについて「中国に指図されたくはない」と強調。

また、米大統領選中に力説していたような中国批判を展開。「中国の通貨切り下げで、われわれは大きな損害を被っている」と述べるとともに、米国製品に課している関税や南シナ海での要塞の建設、北朝鮮に対する立場について中国を批判した。


2016年12月12日

台湾と中国ってどんな関係?|働き方・社会貢献|NIKKEI STYLE

イチ子お姉さん 台湾(たいわん)で選挙(せんきょ)があったのを知ってるかしら。「総統(そうとう)」を選ぶ選挙だったんだけど、総統は中国語で大統領(だいとうりょう)を意味するんだって。 からすけ 前に家族で台湾料理の店に行ったことあるよね。

K'z ゲストルーム



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO






一つの中国政策、必ずしも堅持の必要ない=トランプ米次期大統領 一つの中国政策、必ずしも堅持の必要ない=トランプ米次期大統領 Reviewed by news15 on 21:11 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.