福岡、病院に突っ込んだタクシー、数十m手前から急加速か


病院内に突っ込んだタクシー。壁や柱が大きく壊れていた=3日午後7時45分、福岡市博多区、金子淳撮影

一瞬の出来事だった。走ってきたタクシーが、そのまま病院の建物に突っ込んだ。3人が死亡、7人が負傷した事故の現場となった福岡市博多区の原三信病院。周辺に居合わせた人たちは、一様に驚きを口にした。

写真:事故目撃者

病院近くに住む女性(78)は、病院内の売店で買い物をした後、入り口そばで休んでいた。その時、病院の東館にまっすぐ延びる道路を走ってきたタクシーが、女性の脇を通り、そのまま病院に突っ込んだ。「数十メートル手前から急加速して向かってきた。はっとする間もなかった」

 我に返ると、人がタクシーの下敷きになっているのが見えた。病院内から医師や看護師が出てきて負傷者の手当てを始めた。

 現場の東館は、ビルに挟まれた道がクランク状に曲がる場所にあたる。当時病院や周辺にいた人によると、「ガッシャーン」という大きな音がして、看護師の悲鳴が聞こえたという。

 ガラス張りのラウンジは大きく壊れ、白いタクシーが奥まで突っ込んで止まっていた。車体は前部が大きく壊れ、エアバッグが開いていた。近所の住人が病院周辺に集まり、心配そうに現場を眺めていた。

 福岡市消防局によると、負傷者のうち、数人はそのまま原三信病院が手当てにあたったが、30代女性、40代女性、50代男性の3人は現場から済生会福岡総合病院と九州大学病院に搬送したという。

 近くのマンションに住む会社員の男性(32)は「ドーン」という大きな音を聞いて外に出た。1階のラウンジの奥の壁にタクシーがぶつかって止まっているのが見えた。病院の前には人が2~3人倒れ、青ざめてぐったりしていた。車と壁の間に下半身が挟まれている人もいた。病院の医師や看護師が懸命に人工呼吸をしていたという。

 タクシーのそばでは、運転手とみられる男性がぼうぜんとしていた。「大変なことになった」と話していたという。

 県警によると、タクシーを運転していた松岡龍生容疑者(64)は「ブレーキを踏んだが、止まらなかった」と供述しているとされる。

病院に突っ込んだタクシー。壁や柱が大きく壊れていた=3日午後7時28分、福岡市博多区、金子淳撮影

 福岡市西区で松岡容疑者と同居する次男(29)は自宅前で取材に応じた。「自分が生まれる前から(松岡容疑者は)タクシーに乗っていた。最近の体調も悪くなかった。事故を起こしたこともない」とし、「亡くなられた方が出た大きな事故で、心から申し訳ない。普段は朝出て行って夕方には帰ってきていた。今の車になって、8年くらいだと思う」などと沈痛な表情で話した。

 松岡容疑者の自宅近くに住む人たちも、事故の一報を信じられない思いで聞いた。

 顔見知りの近所の男性(68)によると、松岡容疑者はたいてい午前10時過ぎにタクシーで出発していた。乗る前に必ず車をぐるっと見て回り、タイヤをすべて点検し、車を磨いていたという。「駐車場の出口でもいつもきっちり一時停止。慎重な運転をする人だなぁと思っていた。事故のことはびっくりした」

 近所の女性(61)は松岡容疑者とあいさつをする程度の付き合いだったが、「小柄で優しそう。背広をきちっと着たおじさん」という印象だったという。「ニュースで最近、自動車の事故をよく見る。まさか近所の方がそうなるとは……」

朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJD36FY9JD3TIPE029.html









福岡、病院に突っ込んだタクシー、数十m手前から急加速か 福岡、病院に突っ込んだタクシー、数十m手前から急加速か Reviewed by New York icon on 9:27 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.