米シャーロットの黒人射殺事件、発砲した警官を不起訴


ノースカロライナ州のシャーロットで、9月に黒人男性、キース・ラモント・スコットさん(当時43)が警官に射殺された事件。

同州メクレンバーグ郡の検察当局は11月30日、発砲した警官の不起訴を決定した。

この事件は9月20日、アフリカ系米国人のキース・ラモント・スコットさん(当時43)が、別件で手配中の容疑者を捜索していた警官2人ともめた後、撃たれて死亡したもの。

発砲した警官もアフリカ系米国人だった。警官2人は、スコットさんが自宅アパートの外に止めた車の中でマリフアナたばこを巻いているのを見とがめたとされている。

 アンドリュー・マレー地方検事は記者会見で、スコットさんに対する発砲は「法にかなっていた」と述べた。

キース・ラモント・スコットさん(当時43)

 マレー検事によると、スコットさんは当時、足首に銃を入れたホルスターを装着しており、銃はスコットさんが撃たれた後、現場で発見されたという。

 また、マレー検事は事件当時の複数の映像から、警官が銃を下ろすようスコットさんに何度も警告していたことが確認できると指摘。「スコットさんは警告に従わず、異常な行動を取り、銃を手に車外に出てきた」と説明した。マレー検事によると、警官は「差し迫った」命の危険を感じたため、スコットさんの手首、腹部、背中側の肩に向けて計4発を撃ったという。

 事件を受けてシャーロットでは数日間にわたる抗議デモが発生。一部が暴徒化し、州知事が非常事態を宣言する展開となった。

(c)AFP

2016/ 12 / 1

ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり






米シャーロットの黒人射殺事件、発砲した警官を不起訴 米シャーロットの黒人射殺事件、発砲した警官を不起訴 Reviewed by New York icon on 13:59 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.