アジア系NZ男性、目を閉じた写真と判定されパスポート更新できず


ニュージーランドのアジア系の男性が、パスポートの顔写真認識ソフトによって目を閉じているとみなされ、不適切な写真としてパスポート更新を拒否される出来事があった。 

リチャード・リーさん(22)は、ニュージーランド内務省が運営するオンラインでのパスポート写真判定サイトに写真を提出したところ、しっかりと目を開けていたにもかかわらず、「目を閉じているので写真は無効」と告げられた。

その通知がフェイスブックに投稿された。 

リーさんは「特に悪感情はない。私はとても目が小さいし、顔面認識技術は比較的新しいので、まだ粗削りだ。ロボットだし。私のパスポートは結局更新された」とロイターに語った。

内務省によると、オンラインで提出されたパスポート写真の20%がさまざまな理由で拒否されるという。「最も多いのが、目が閉じていると認識されエラーメッセージが出るケース」だという。また、リーさんの1枚目の写真は照明が不均等だったためで、その後の写真は受理された、と説明した。

[シドニー 7日 ロイター]








ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう




アジア系NZ男性、目を閉じた写真と判定されパスポート更新できず アジア系NZ男性、目を閉じた写真と判定されパスポート更新できず Reviewed by New York icon on 22:01 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.