サウジアラビア王子、「女性も運転すべき」と主張

アルワリード・ビン・タラール王子

率直な物言いで知られるサウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール王子が、同国で女性が禁じられている車の運転を「早急に」解禁するよう呼び掛けた。 

王子は自身のツイッターで「もう議論はやめよう。女性も運転する時が来た」と主張している。  サウジアラビア王族の中では珍しく、歯に衣(きぬ)着せぬ発言で知られるアルワリード王子は政治的な役職には就いていないが、米金融大手シティグループやフランスのディズニーランド・パリを運営するユーロ・ディズニーなどに出資している投資会社キングダム・ホールディングを率いている。

また慈善家でもある同王子は、かねてからサウジアラビアにおける女性の権利を主張してきた。 
 
サウジアラビアは、女性に対する制約が世界で最も厳しい国の一つで、世界で唯一、女性の運転を禁止している。

(c)AFP






ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう




サウジアラビア王子、「女性も運転すべき」と主張 サウジアラビア王子、「女性も運転すべき」と主張 Reviewed by New York icon on 20:02 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.