成宮寛貴が芸能界引退、【直筆書面全文】 薬物報道は「罠」と主張


今月2日、9日発売の写真週刊誌「フライデー」で2週にわたり薬物疑惑が報じられた俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて芸能界引退を発表した。

所属事務所は、あくまで薬物鑑定などで「本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした」とした上で、「本人から芸能界引退の申し入れ」があったことから、芸能界引退に至った、と説明した。

成宮は「信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」と薬物報道は“罠”だと主張した。

【以下、成宮の直筆FAX全文】

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。
心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。
この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。
今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、
自分にはもう耐えられそうにありません。
今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。
今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛けるわけにはいかない。
少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。
元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様本当にありがとうございました。
応援してくださったファンの皆さま、こんな形で去っていく自分を許してください。
本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。
2016.12.8 成宮寛貴

K'z ゲストルーム



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO







成宮寛貴が芸能界引退、【直筆書面全文】 薬物報道は「罠」と主張 成宮寛貴が芸能界引退、【直筆書面全文】 薬物報道は「罠」と主張 Reviewed by New York icon on 13:00 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.