フランスの街で、世界初のソーラーパネル道路開通


12月22日、フランス北西部のノルマンディー地方の小さな街、トゥルーブルに長さ1キロの世界初のソーラーパネルを敷き詰めた道路が開通。

トゥルーブル市では、街灯の電力をこれで供給できる。と伝えました。


理論的にはフランスは国内の既存道路数百万キロのうち4分の1だけをソーラーパネルで覆えば、他国に依存しないエネルギー自給国になれるという。


仏建設大手ブイグ傘下の道路建設企業コラスが開発した「ワットウェー(Wattway)」という名称の樹脂加工が施されたソーラーパネル。 計2800平方メートルの面積を覆っており、地元の送電網と接続されている。 

AFP





ニューヨークで賃貸物件なら日本語で安心のJ.One不動産

マンハッタンの中心で英語を学ぼう!語学学校・ブルーデータ

ハーレム、アポロシアター徒歩2分、人気のゲストハウス

日本出発前にルームシェアーの予約が出来るK'z guest room








フランスの街で、世界初のソーラーパネル道路開通 フランスの街で、世界初のソーラーパネル道路開通 Reviewed by New York icon on 12:31 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.